吸坂火憐(すいさかかれん)

プロフィール


吸坂火憐

 恒久平和を目指す言論人。
 もとは『自身の平穏な日常を維持したい』という小さな願いだった。

 しかし、日々起こる社会問題について考えていくうちに、
 世の中の仕組みとして『生存における利害対立は必然』と考えるようになった。
 
 ならば面倒事に巻き込まれることを前提に生きなければならない。
 あらゆる社会問題に対処できなければ自身の平穏は保てない。

 そして自分が対処できても他人が社会問題に押しつぶされてしまえば、
 その問題が回りまわって自分自身に及んでしまうという危機感を持つに至った。

 そんな事態を避けるべく選んだ道が言論人。

 それぞれの個人が精神的にも肉体的にも強くたくましければ、
 社会問題の発生を抑えたり、解決の速度を速めたりできると思っている。

 多くの人の生活や安全を左右する『政治』などにおいても、
 情報を適切に拡散することで、
 『選挙で選ばれるべき政治家を選べる人間』を増やしたいと考えている。
 


思想:恒久平和


 吸坂火憐は恒久平和を目指してはいるが、決して信じてはいない
 恒久平和はあくまで自分個人の願いであり、
 同年代の友人は年収が高く顔立ちの良い異性を求めることが最優先事項だったりするのが現実。

 出会って来た人の多くは各国首脳の名前も政策も知らなければ、
 世界で戦争が起きている事も知らないし興味すらなかった。

 言論を始めて出会った人も大差はなかった。

 自分の幸福だけを追求し、権利を主張し、声高に『○○すべきだ!』と他者に言動を強制するが、
 それで他者の幸福を毀損することについては無頓着。

 口だけの正論を趣味として嗜み、それで権力の腐敗に対抗できると思い上がるほどの平和脳。
 
 あらかじめ予想はしていたが、
 現状の社会では問題に対応しきれないことのほうが多いだろうと火憐は判断せざるを得なかった。

 でもだからこそ、一人でも多くの人の能力や個性を覚醒させなければ、
 自分の人生で平和を堪能できる時間を増やすことはできないと考えている。