ユキア

プロフィール


ユキア

軍人ではないが、軍隊に所属している治癒士。
軍属として業務をこなしながら自国や世界情勢への理解を深めている。


目的は自国民を他国に拉致されないようにするため、
もし拉致された際には最短期間で奪還できるようにするため。


この目的を達成するためには法整備の優先度が高いと考えている。
しかし、ユキアの国には柔軟に法律を改正するという価値観が薄い。



ユキアの国には拉致被害者が、未認定も含め多数存在する。



どこの国に拉致されたのか分かったとしても、
自国の『最高法規の解釈が複雑かつ軍事力の行使についての制限があまりに多い』ため、
それが外交交渉の足を引っ張る要因の一つとなっている。加害国には舐められ放題。

結果被害者は救出されないまま死を遂げ、
その家族も無念を抱えたまま生涯を終えてしまうことが当たり前となっている。


ユキアも自身の姉を失ない、
警察、外務省、政府などの正当性に疑念を抱いている。

が、公的機関を批判したところで、
自国が拉致被害者を救出することができない存在であるという現状は変わらない。

ならば組織や権力といったモノへの理解を深め、
自身で社会に対して働きかける方が姉の命が活きると思った。



そのための学習と鍛錬を同時にできる軍人になろうとしたが、
13歳のユキアはまだ入隊試験を受けられないので、年齢制限のない治癒士として軍隊に関わることにした。




思想:快心爛漫


ユキアが7歳の時に姉は拉致された。
警察の調べや、拉致に関与して逮捕された犯人の証言などで、
他国による犯行だと判明した。

犯人(工作員)の証言によると『拉致の主な目的はスパイの養成に活用すること』だが、
『誘拐する標的』には様々な条件があり、
ユキアの姉は『未婚の少女』という項目にあてはまっていた。

ユキアの両親は血相を変えて、
他の拉致被害者家族と一緒に救出活動を行った。

といっても他国家による犯行。個々人で助けられるものではない。
だから政治家に救出を要請した。政府を動かす為に署名や広報活動などに尽力した。

数多くの政治家が『必ず全員取り戻す』と意気込みをあらわにした。


加害国へ独自経済制裁が行われた。
報道で拉致問題が世間に認知された。
外交交渉における圧力の一つとして軍事力が必要になる為、
具体的な武力行使に関する法整備が国会で議論された。


が、拉致被害者は一人も帰ってこない。

世論の認知度は時間とともに下がっていく。
世の中はいつも通り、誰も彼もが他愛のないことで笑っていた。


ユキアも心の底から笑いたかった。


だけど誰とも話が合わない。
みんなが笑う理由がわからない。
楽しんでいる娯楽の面白さがわからない。
動物に感情が設定されている意味がわからない。

他人の笑顔を見ると息がつまった。心が痛くなった。
ユキアが10歳になっても、姉は帰ってこなかった。


世間には『少数の拉致被害者とその家族のために、国民の税金が無駄に使われている』という意見があった。
外務官僚の中には『拉致問題で両国の友好関係が崩れてはならない』
といった考え方で解決に消極的な人間も少なくない。

それでも事態は少しずつ前に進んでいた。

『今年こそ必ず全員取り戻す』と意気込む政治家が増えた。
インターネットの活用で拉致問題が世界にも認知されるようになった。
軍事力の行使に関する法改正の議論が過熱している事や、
加害国が他国とも友好関係を悪化させていることなどが影響し、外交交渉が若干有利に進められるようになった。

今度こそ、姉と再会できるはずだとユキアは信じた。


しかしそのまま3年が経過し、姉の現状がわかる動画がインターネット上に公開された。


突如アップロードされた動画の内容は、
『四肢を切断されたユキアの姉が、加害国首脳陣や軍関係者の慰み物にされている姿』だった。

少女に対し、楽しそうに暴行を加える加害国上層部に世界中が憤怒した。

加害国は『国内の裏切り者が制作した作り物の映像だ』と主張したが、
『だったら危害を加えられていないはずのユキアの姉を出せ』という国際世論に対し、
加害国は偽者の少女をユキアの姉として表明した。

当然、火に油がそそがれただけ。
ユキアの姉がすでに死亡していることも判明。

加害国はユキアの国以外からも経済制裁などを受けることになり、
国家存続が危ぶまれるようになった。

加害国はその後魔物と手を結び、人類にとっての害悪国とみなされるようになった。
これにより、拉致被害者の奪還はさらに難しくなり、かつその安全にも期待ができない状態になってしまった。


一方、姉が猟奇的な被害にあっていた動画は世界中に拡散し、
それを政治や報道、雑誌、言論、インターネット生放送などのネタにしようと、
様々な人がユキアの家を訪れた。

昼夜問わず、プライベートに配慮せず、
ひたすら自分達にとって有益な言葉を引き出そうとユキアと両親にまとわり付いた。


政治家は言った。
『加害国の民は今、経済的に困っている。拉致問題などが解決しないと援助できないというのはかわいそうだ。
 ユキアちゃん、もしくはご両親の方から税金を使って経済支援をするべきだと言ってくれないか?』

報道関係者は言った。
『娘がレイプされた映像を見て勃起しましたか? 父親である自分で犯したいと思ったりしましたか?』

インターネット生放送者は言った。
『うぇ~い! 今どんな気持ち? 俺はとんでもねぇオナネタができて最高にメシウマだぜぇ!』


こういった人間が延々と話しかけてくる。
父親は心労で倒れ、母親はおかしくなった。ユキアは無表情で無言だった。

それでも世の中は動いていく。
今日もどこかで理不尽がうごめいている。


『ボクはもう……耐えられない』


ユキアは自殺を考えた。
自分の部屋で首を吊ろうとして、ふと、
窓の外を見ると我が家に張り付いていた雑誌記者の姿がそこにあった。

ユキアが死ぬ瞬間を撮影しようと構えている。

『そっか……ボクは勘違いしていたんだ。人間は他人がどこでどう死のうが何とも思わない。
怒ったふり、泣いたふり……心の底から他人の死に感情を揺さぶられたりはしない。
ボクだって、今この瞬間世界のどこかで飢えに苦しんでいる人のことを気にもかけてない』

だから姉は死んだのだと思った。

『だってみんなにはお姉ちゃんを救う理由がないんだから』

そういう自分だって大人にお願いするだけだった。

誰よりも姉を救いたいと思っていたはずのに、
自分は『加害国の人間を皆殺しにしてでも姉を取り戻す』という意志と行動に及ばなかった。

それを『弱さや甘え』と認識したユキアは自殺をやめて『生き直す』という発想に至った。
記憶に残っている『姉の明るさや前向きさを自身の魂に引き継いでともに生きよう』と決意した。

『お姉ちゃんならここで自殺なんかしない。残りの拉致被害者救出の為に全力と人生を尽くす』

そんな人間だったから憧がれた。誇れた。大好きだった。


『だから……追いかける! 掴むんだ、お姉ちゃんを!』


ユキアは姉という理想像を明確に意識した。

クレスティア

プロフィール


クレスティア

とある小国の姫騎士。

隣接する複数の大国が『国内の不満をクレスティアの国にそらす目的』で扇動活動を行っているため、
クレスティアは幼少より、自国を維持することに必死な毎日を送ってきた。

隣接する大国は表の顔で『両国はともに歩みを進めなければならない』と謳う一方で、
クレスティアの国民……主に若い女性や子供を誘拐したり、
侵略の疑いをでっちあげ国境付近の住民を虐殺して世論を調整したりしている。

加えて労働者を『職業支援』の名目で誘い、移住させ、工場などで安く働かせ、
必要なくなった段階で『お前らはまじめに働かない』などと言いがかりをつけて『集団私刑(ストレス解消)』に活用していた。


そんな数えきれない同様の難題に悩まされる弱小国は現在、
クレスティアが『隣接していない周辺国』との友好を深めることで改善の兆しを見せている。

比較的安全な地域への観光案内、食を中心とした文化交流。
映像や写真を用いた『クレスティアの国民が直面している現状への理解』を求める活動。

このクレスティアの地道な外交に、とある経済大国の皇族が注目した。
その皇族――フィニィという少女――が視察を申し出たことにより両国の関係が始まる。

そして『民を想いその生涯を捧げる』といった共通の価値観が、
クレスティアとフィニィを強烈な信頼で結びつけた。


これをきっかけにフィニィの国でも『クレスティアの国民が直面している現状への理解』が深まり、
クレスティアの国への理不尽な振舞いは『世界からの信用を失い、経済的な関係の縮小もあり得る』という当面の抑止力が一つできるに至った。


今はまだか細い抑止力だが、これを強固にし、
国を繁栄させるために今日もクレスティアは奔走する。



思想:清道強進


クレスティアの国は発展途上であるがゆえに、
経済、軍事、教育など多くの項目が先進国と比べ遅れていた。

政治の腐敗もひどく、日々沸き出るように汚職が発覚する。
加えて隣接大国からの執拗な嫌がらせ……国民は鬱屈した感情を抱え、徐々にその民度を歪めていった。

嫌気がさして当たり前。
資産に余裕がある国民は喜んで海外へ移住する。

結果、税収や経済に悪影響が出て、
貧困層が怒りに任せて暴動を起こすことも日常の出来事となっていた。

そんな息苦しい環境に生まれたクレスティアへの風当たりは冷たいものだった。

幼少期から国民に『どーせお前も金と欲にまみれた政治をするんだろ?』と罵詈雑言を浴びせられ、
石や糞を投げつけられ、新聞などに掲載された顔写真にはナイフを突き立てられていた。

しかしクレスティアは歪まなかった。
逆に『私利私欲にまみれた環境だからこそ、清く正しく生きよう』と決意した。

『身の周りにいるどんな大人にも私は憧れることができなかった。
けれど、それでも国家国民の為に生きると誓った瞬間、確かにこの心は鼓動した』

クレスティアはこれが『生きるということ』だと思った。
何かに焦がれる気持ちがヒトを人間にするのだと感じた。

その志ひとつで、綺麗事が通じない政治の世界を生き抜いている。



BADEND


魔物退治RPGで隣接国や魔物の侵略を食い止められなかった結果が、
凌辱CG集『弱小国家の姫騎士』につながる。

吸坂火憐(すいさかかれん)

プロフィール


吸坂火憐

 恒久平和を目指す言論人。
 もとは『自身の平穏な日常を維持したい』という小さな願いだった。

 しかし、日々起こる社会問題について考えていくうちに、
 世の中の仕組みとして『生物が出会えばそこに問題が発生するようにできている』と考えるようになった。
 
 ならば面倒事に巻き込まれることを前提に生きなければならない。
 あらゆる社会問題に対処できなければ自身の平穏は保てない。

 そして自分が対処できても他人が社会問題に押しつぶされてしまえば、
 その問題が回りまわって自分自身に及んでしまうという危機感を持つに至った。

 そんな事態を避けるべく選んだ道が言論人。

 それぞれの個人が精神的にも肉体的にも強くたくましければ、
 社会問題の発生を抑えたり、解決の速度を速めたりできると思っている。

 多くの人の生活や安全を左右する『政治』などにおいても、
 情報を適切に拡散することで、
 『選挙で選ばれるべき政治家を選べる人間』を増やしたいと考えている。
 


思想:恒久平和


 吸坂火憐は恒久平和を目指してはいるが、決して信じてはいない
 恒久平和はあくまで自分個人の願いであり、同年代の友人は、

 『かっこいい彼氏をゲットする』
 『金持ちと結婚して専業主婦になる』

 といったことが最優先事項だったりするのが現実だからだ。

 出会って来た人の多くは各国首脳の名前も政策も知らなければ、
 世界で戦争が起きている事も知らないし興味すらなかった。

 言論を始めて出会った人も大差はなかった。

 『老害死ね! 年金マジ無駄だわ。あ、でも私が老人になった時は若者から搾り取る方向で♪』
 『自分に関係ない『教育』とか『環境』とか興味ねぇや。働いて給料貰えればそれでいいし』
 『おまえが政治家にでもなってなんとかしたら? 無責任でメシを食うクズちゃんよぉ』

 
 ……あらかじめ予想はしていたが、
 現状の社会では問題に対応しきれないことのほうが多いだろうと火憐は判断せざるを得なかった。

 でもだからこそ、
 一人でも多くの人の能力や個性を覚醒させなければ、
 自分の人生で平和を堪能できる時間を増やすことはできないと考えている。


フィニィ

プロフィール


フィニィ

 龍の肉体を持つ人間で構成された国家の皇族。

 世界トップクラスの経済大国の皇族であるということもあり、
 フィニィは生まれた時から国内外からの厳しい目線に晒される生涯が確定していた。

 また、自我が芽生えるより前から徹底して皇族の在り方を叩き込まれたせいか、
 自我が薄く、公的な性格で人格が形成されている。


 これにより、フィニィは小学生でありながら、
 不自然なほどにわがままを言わない子供として成長し、
 生活の全てを学業と公務に費やすようになった。


 時間があるときは民間企業や世情の研究として、
 閣下や銭稼のような魔物退治業者などに話を聞いたりしている。


性質:無私無偏


 フィニィは歳相応に喜怒哀楽があるわりに、
 『自分のためにアレがしたい、コレがしたい』といった欲求を表に出さない。

 『いずれ潰える命を自分のために使うのは、
  私という皇族に限ってはやるべきではありません。この命は国民と国家の未来のために……』

 それが自分の存在意義であると考えている。

 一部の悪意のある記者や国民から『税金で生きるクズ』と罵られるが、
 『フィニィが民間労働者よりもはるかに長い時間を公務に費やし、国益にかなっている』ため、
 非難した側が恥をかく現状が出来上がっている。


レイン

プロフィール


レイン

 魔物と人間のハーフ。

 魔物を労働者として受け入れていた国で産まれ育ち、
 血液に興味を持ったことをきっかけに医師になることを目指す。

 が、『魔物だから』という理由で医師になる道を閉ざされた。

 その国の法律では『魔物が医師になることは可能』だったが、
 圧倒的多数の人間である国民が、

 『魔物なんかに自分の身体を診てもらいたくない』

 という考えであったため、
 『医師になりたい』と言葉にするだけでレインは周りから白い目で見られた。

 医大の入試では面接であからさまに嫌な顔をされ、入学して学ぶことさえ叶わなかった。

 子供のころからの夢は十数年、社会に嫌われたまま潰えた。
 その後レインは人間生活を捨て、魔物としての単独行動を決意する。

 『合法で無理なら、非合法で勝手にやるのさ……』



思想:安楽提供


 レインの医師としての活動は『安楽死の提供』が主である。

 もともと魔物であることもあってレインは体内で『複数種類の毒』を生成/複合/調製でき、
 自身の爪から他の生物に対して採血や輸血を行うことができる。 

 その特性を活用して人間に安らかな死を提供し、
 死後の肉体を食らうことで野生生活を成り立たせている。

 多くの国家で安楽死が非合法または議論の最中であるからこそ、
 安楽死が合法の国への渡航や費用が必要ない『レインの安楽死』は、
 『死を願う者』の心を揺さぶる。

 彼女の安楽死には理由も条件も必要ない。
 『死にたいから死ぬ』を許してしまう。
 そんな望みを叶えてしまう。

 医師としてのレインは『安らかな死の提供もひとつの救済』と認識している。


スライ

プロフィール


スライ

 粘性化させられた少女の魔物。

 子供の頃に反国家組織に売られ、
 様々な用途に活用された。
 
 心と体を壊された後に組織内部の士気向上に利用される。
※裏事情① 少女を売った両親は得たお金をギャンブルで溶かし、
 その後生活保護費を不正に受給してまたギャンブルで溶かすといった行為を繰り返している。

 娘を売ったことへの罪悪感などなく、
 社会もそれを認知する機会がなく、
 ゲラゲラとヘラヘラと、ギャンブルで一喜一憂し自身の幸福を満喫している。

 主導者が『神を具現化する』という名目を掲げ、
 『人、動物、武器を溶接し新たな生物を作る』という考えで『少女を人ではないモノ』にして晒した。


 その行いに高揚する者がいる反面、
 『我々の信じる神はこの行いを許さない!』といった意見が生まれ内部分裂が発生。
 結果、内部での争いが過激化してこの反国家組織は消滅。


 取り残された少女は野生生物となった。


食べる


 野生となった少女は人間を含む動植物を食べることで現在の形状となった。

 捕食は上手いが知性が低く、食べる以外のことがよく分からない。
 会話可能ではあるが知識が乏しく、人間だった頃の記憶はほとんどない。

 『粘液体における少女の部分』も子供のままであり、『ただ生きているだけの生物』となっている。

 しかし、もとが人間であるため『教育』によって『知性が成長する』可能性は否めない。
※裏事情② 少女を売った母親は街行く人に唾を吐き、父親は未成年への痴漢といった行為を繰り返していた。
 そしてある日、魅刻悠里という少女に唾を吐き、胸を触り、悪態をついた。
 数ヵ月後、山の中から人間だったと思われる二つの変死体が見つかった。

プリティマーメイド

プロフィール


プリティマーメイド/プリマ

 人間との恋愛に憧れて人魚になったメスの魚。

 自身をプリティマーメイド(略称プリマ)と名乗り、
 様々な水族館でショーや撮影会を仕事として行っている。


 魔物ではないので見つけても襲っちゃダメ。







思想:恋愛成就/プラトニック・ラブ


 プリマは人間の男性と『心と心が引き合う甘い恋をしたい』と望んでいる。

 が、『肉欲を度外視した恋愛』を望んでいる男性が見つからず、
 出会いを求める日々を過ごしている。

 最近『合コン』を覚えたが、
 合コンに行っても『(☝ ՞ਊ ՞)☝ウェーイ』なノリについていくことができず、
 そこにプラトニックな恋愛は存在しないと確信したらしい。


魅刻悠里(みときゆうり)

プロフィール


魅刻悠里/みときゆうり

 社会性が破綻している少女。
 物事の判断基準が『快楽、効率、直感』に偏っている。

 子供の頃から『悪意には殺意を返す』という発想で殺人を繰り返していた。
 しかし、殺しすぎて証拠隠滅に失敗。現在指名手配中。


 しかし、『警察に認知されなければ殺人OK』から
 『逮捕されなければ指名手配OK』という考え方に切り替えたため、
 特に困ることもなく殺した人達から奪ったお金でのんびりと生きている。





思想:(v ̄▽ ̄)ナイヨー


 生き方や考え方は変わるもの。
 昨日と同じ考え方で今日を生きるなんて非効率。

 間違ったことを適当に言っても死にはしない。
 自分が困らなければそれでいい。

 思想を持たなければ生きられないのは『人生70年を願う生きたがり』の発想。
 『幸福』なんてものを求めて善く生きようとするから、不幸を避けて心が弱くなっていく。

 まるで白痴。
 1秒後の死を想定していない危機管理の甘さが、その人生が如何にゴミであったかを物語る。


是石彼方(これいしかなた)

プロフィール


是石彼方

 不器用な格闘家。

 例えば学業やスポーツなど、
 始めての物事に対する学習速度が遅く、
 上達に時間がかかってしまう。

 が、他人の10倍時間と労力を費やせば追いつけると考えており、
 日々邁進することを心がけている。




 


思想:不撓不屈


 是石彼方は人よりも劣等感が強かった。

 子供の頃から勉強、スポーツ、容姿……何一つ他人より優れているものがなく、
 努力したところで誰かより優れることすらままならない陰鬱な日々を過ごしていた。

 しかし、天道銭稼が彼方の人生を変えた。

 『劣っていようが不器用であろうが強くあろうとすることはできる。
  心の弱さは不幸の証。弱い動物に幸福は訪れない』

 その言葉に心を動かされ、彼方は自分を変えた。

 『折れない心で意地を張り続ける』と魂に誓い、
 彼方は不撓不屈という思想を持つに至った。


 その思想を貫くために格闘家を天職としている。


天道銭稼(てんどうせんか)

プロフィール

天道銭稼天道銭稼
天道銭稼

 『お金で生活が成り立つ』ということを重要視する拝金主義者。

 経済活動が主流となっている世の中では、
 金儲け以外のことは無駄だと考えている。


 お金になる仕事として魔物退治や性的サービスといったものを好み、
 日々資産を増やし心身ともに充実した毎日を過ごしている。
嗜好:童貞で奥手で絶対にモテない男性が好き。
    理由①射精させることで優越感に浸ることができる
    理由②主導権を譲ってくれるうえに金払いが良い
    理由③クレーム率が低い

    逆に、イケメンは『自分の利益にならないからゴミ』だと思っている。

思想:拝金


 子供の頃は正義を心に抱いていた。

 しかし、『この世に正義などなく、人は一生争い続ける。知性は幻想』という結論に到達した。

 『この世の誰がどこでどうなろうが知ったことではない。
  自分が強く、幸福であればそれでいい。動物とは本来そういうもの』

 と思うようになった。

 自分が強く幸福であるためには肉体的な強さだけでは足りず、
 社会を動かしている要素である『お金』が欠かせないと考えた。

 結果、天道銭稼は拝金という思想の元で経済活動に励んでいる。


『---』(ななし)

プロフィール


『---』

 理想を達成し終えた少女。

 理想の先に望むものがなく、
 自身の矮小さを痛感したため、
 名前を捨て『---』という記号で自らを定義している。


 周りからは『名無し』と呼ばれており、
 閣下の相棒として魔物退治などを行っている。


 現在の人生を余生と認識しており、
 社会に対して0.01%程度でも役に立てれば『自分の命が効率的に潰えるだろう』と考えている。


思想:効率中毒/合理廃人


 『---』は『自分個人の幸福追求』に興味がなく、
 『身近な社会にある問題の解決』に従事している。


 全ての物事において効率が良くなり、
 その先に意味があり、
 その意味が与える効果が広く大きいほど、
 全力で取り掛かる合理性があると考えている。


 効率と合理を追求した先に自身の命が無意味に潰えたとしても、
 その過程に満足して死んで逝けるという死生観で日々を過ごしている。


 この生き方こそが、すでに到達し終えた『---』の最大幸福であるとも言える。


閣下(かっか)

プロフィール


閣下

 閣下と名乗る本名不詳の少女。

 魔物退治を生業としている自営業者であり、
 世界各国で仕事をしている。 


 頼まれれば用心棒や事務雑務、
 清掃から赤子のお守りまでなんでもやるようにしている。


 めんどうくさがるわりに、仕事はきっちり真面目にこなすタイプ。




思想:存在賛歌/人生謳歌


○存在賛歌 a priori/a posteriori
 在る事そのものを賛歌する思想。
 人の考え方や在り方それ自体を否定しない。

 人間として快活であろうとする『魂の在り方』を肯定する生き方の指針。

――全ての存在は一切の世界経験に依存しない
――全ての魂は合切の固有経験に依存する

○人生謳歌 sing the joys of life
 『すでにある日常をどれだけ楽しめるか』に挑戦する思想。
 快活な人生を謳歌したいという願いの結晶でもある。